インスタントFXシステム【ポンド円トレール】

2010年12月23日 (木)

インスタントFXシステム【ポンド円トレール】 株式会社SYコンサルティング

インスタントFXシステム【ポンド円トレール】





下記より購入しカンタンなレビューを送るだけで最大10000円安くなります!

インスタントFXシステム【ポンド円トレール】





トレール注文というのは、「値動きをどんどん後から追いかけていく注文方法」だ。

「これから値が上がるだろう」と予測したあなたは、「買い」でエントリーするはずだ。

実際に20pips、30pips・・・と思惑通りに値が上がっていくと、あなたはどんどん含み益が大きくなることになる。 トレール注文は、この利益を逃さない。

一方的な相場が続いていくうちは、どんどん利益を確保していくことができる。

インスタントFXシステム【ポンド円トレール】

どんどん値が上がり、100pipsいったところで、今度は値が戻りだした(下がりだした)。

すると、ある程度下がったところで自動的に利益確定決済される。

たとえば「20pips幅のトレール」を設定しておけば、100pips上昇⇒20pips下落という相場があれば、80pips分の利益をモノにできるということだ。

しかもその間、相場に張り付く必要もチャートを見る必要もない。

カリスマ主婦「池辺雪子」のFXトレーダー育成教材

では、思惑と逆に行ってしまった場合は?

「値が上がる」と思ってエントリーしたのに、完全に逆方向に行ってしまった場合は・・・この場合ももちろん、20pipsのマイナスで自動的に損切りが可能だ。

損失を最低限に制限しておきつつも、利益は無限大に伸ばせる可能性を秘めた注文方法。

これが「トレール注文」だ。

FXエントリー&FXアカデミー

例1:トレール幅「15pips」思惑の方向に50pipsいき、そのあともどってきた場合 ⇒35pipsの利益確定。(自動的に決済)

例2:トレール幅「50pips」逆方向に30pips進んでも、50pipsが損切りの幅なので決済はされない。

その後、相場が回復して200pipsまで上昇。

Maestro FX

調整が入り、50pips戻った ⇒50pips戻ったところで利益確定され、結果として150pipsの利益。(自動的に決済)

例3:トレール幅「25pips」思惑どおりに15pips進んだが、切り返して一気に下落した場合 ⇒15pips進んだところからマイナス25pipsのポイントで損切り決済となるため、トータルの損失は10pips分で済む。(自動的に決済)

トレール注文を使えば、こういった有利な取引ができる。

相場に張り付くことなく、だ。【リスクは制限しつつ、利益は無限大に広げる】ということが、たった5分の注文作業でできる・・・

これはトレール注文意外に考えられない。

こんな「反則技」のような注文方法を、使ったことがない投資家が多いというから驚きだ。